バランスの良い脚を作る

「座るとすぐに脚が開いてしまう」 「膝が曲がったまま歩いている」 「太ももが外側に膨らんでいる」 という人はバランスが悪くなっているのかも。

バランスのよい美脚をつくるためのポイントを紹介します。

筋肉は使いすぎても硬くなりますが、使わなくても委縮して硬くなってしまいます。

だいたい、太ももの前や外側の筋肉をよく使い、内ももや裏側を使えていない人が多いです。

内ももや、太ももの裏側の筋肉を鍛えるトレーニングをします。

と言っても、そんなに大変なことはありません。

座ってテレビを見ながら、太ももの間にクッションなどを挟み、内ももに力を入れておくだけでもいいのです。

おしりと太ももの裏側の筋肉を鍛えるトレーニングを加えるとさらに効果的ですよ。

運動後などに、使った筋肉のストレッチを意識する人は多いと思います。

しかしそれに加えて、使わずに委縮してしまった部分もよくストレッチをして、縮んでしまった筋肉を元の長さに戻してあげることも重要です。

マッサージで、かたまってしまった筋肉をゆるめてあげます。

太ももの筋肉は、骨盤からはじまってひざ下までつながっているものが多いです。

なので、マッサージをするときは脚の付け根からひざ下までを丁寧にもんであげましょう。

筋肉のバランスに加えて重要なのが、冷やさないということです。

冷やすと、どうしても脂肪がつきやすくなってしまいます。

美脚には、脂肪も大敵ですよね。
脚やせしたいなら下記をクリック!!