太ももを引き締めるためには内ももの筋肉を鍛えましょう

太ももを引き締めるためのダイエットに重要なのは、しっかりと内ももの筋肉を発達させることです。
下半身に皮下脂肪やセルライトがたまってしまい、太い足になってしまっている人がけっこう多いのが実情でしょう。
実は体全体の中でも内ももは脂肪を減らしづらい部分です。
しかも、脂肪がつきやすい場所ともいえます。
つまり太ももをシェイプアップさせるポイントは、内ももの筋肉をつけることなのです。
太ももは、部分ダイエットの中でも、引き締めるのが簡単ではない部分です。
大腿骨と股関節を支える筋肉である内ももの筋肉は、内転筋といいます。
意識しないうちにももの部分に脂肪がつのは、毎日ほとんど使用しない筋肉だからです。

下半身ダイエットを成功させるためにも、内転筋のエクササイズで内ももを鍛えましょう。
ボールや座布団を両膝の間に挟み込み、左右の膝を押し付けるようにするように内ももに力を入れるだけでもダイエットには効果があります。
膝同士を押し合うようにして電車の座席に座っているだけでも、内もものダイエットには有効なのです。

また椅子に座って姿勢をチェックしてみてください。
それだけでも、内ももの筋肉の状況がわかるでしょう。
内ももの筋肉が衰えている人は、膝同士が離れてしまいます。
もし、内ももの筋肉の衰えを確認したい場合は、膝、くるぶし、足先を合わせた状態でどのくらいじっとしていられるかを数えてみると良いでしょう。
内転筋を鍛えて内ももをシェイプして、下半身のダイエットをぜひ成功させましょう。

脚やせしたいなら下記をクリック!!